fc2ブログ

2022-09

Latest Entries

2022年7月~12月の予定【改訂版 ギャラリーヒルゲート通信 No.51】

 2022年7月から12月の予定【改訂版】

628()710()

7/4()休廊〉

12F

29回 心に響く小品展

池田良則・木代喜司・烏頭尾精・小林敬生・坂爪厚生・田島征彦・司修・

中林忠良・野見山暁治・林康夫・平岡靖弘・馬越陽子・松谷武判・村山明 他

152人の現役作家の油彩・水彩・日本画・版画・写真・彫刻・工芸の小品

75()1225()

奥庭

具象彫刻二人展 木代喜司・宇治川久司 (月曜休廊)

712()717()

12F

15回 京都二紀 小品展

生駒泰充・日下部直起・黒田冨紀子 他

719()724()

1F

‘22京都銅版画協会 ミニアチュール 展

2F

京都銅版画協会 特別展示 前川秀治 展

726()731()

12F

シリーズ第5回 池袋モンパルナスの青春―生誕110年丸木俊を中心に― 麻生三郎・大野五郎・小熊秀雄・田中佐一郎・寺田政明・野見山暁治・松下明治・丸木位里・丸木俊・山本恪二・吉井忠

82()87()

1F

西山 彰 展 (二紀会準会員)

2F

江川 恵 展 (日本画)

89()814()

1F

坂本 摩七美 ―古風なメヌエット (油彩・テンペラ 他)

2F

上田 三佳 展 (ミクストメディア)

816()821()

1F

25回 板遊会 展 (木版)

2F

勝山 正則・勝山 春枝 二人展 (木版)

823()828()

12F

夏期休廊

830()94()

1F

11回 伊藤 隆 展 ―町並彩歩―

2F

30回 洛楽展 (洛南高校美術部OB)

96()918()

9/12()休廊〉

12F

司 修 展 ― 絵本『まちんと』原画 と新作絵画

(パステル・水彩・銅版・木版・ミクストメディア他)

920()102()

9/26()休廊〉

12F

松谷 武判・神野 立生 二人展

ドローイング・銅版・インスタレーション等の展示

104()109()

12F

八田 哲 展 ―京都想々― (日本画)

1011()1016()

1F

NY 作家6人 展 (ニューヨーク在住の日本人作家6)

2F

9回 上杉 尚 展 (水彩 他)

1018()1023()

12F

青木 敏郎 個展 (油彩・ドローイング)

1025()1030()

12F

新制作協会 関西会員展 (油彩・アクリル・ミクストメディア)

一居孝明・上岡真志・河村雅文・小林一彦・田中直子・中井英夫・蛭田均・馬渕哲 他

111()116()

12F

14回 瓜生山学園 京都芸術大学 通信教育部 洋画研究室展

(教員約25人の作品)

118()1113()

1F

岩井 晴香 展 (創画会准会員) (日本画)

2F

川端 祥夫・ドローイング

1115()1120()

1F

生駒 泰充 展 ―inspiration

2F

たくま たえこ 油絵展

1122()1127()

12F

一居 孝明 展 (新制作協会会員)

1129()124()

1F

奥田 輝芳 展 (ミクストメディア)

2F

篠原 涼子・山岡 明日香 二人展 (油彩・アクリル・水彩)

126()1211()

12F

廣田 政生 展 (独立美術協会会員) (ミクストメディア)

1213()1218()

12F

池田 良則 展 ―沖縄を描く― (日展会員) (油彩・ドローイング)

1220()1225()

1F

丸山 勉 日本画展 (日展会員)

2F

水野 朝 展 ―これがわたくし・朝― (名古屋画廊企画 巡回展)

1226()1231()

12F

年末休廊

※ 開廊時間 ギャラリーヒルゲート(1F) カフェ・ギャラリーヒルゲート(2F):正午~午後7時(最終日は5時まで)

 

2022年ヒルゲート夜話市民講座  

Bコース  開催時間は各々に異なります

潮江宏三 (京都市美術館前館長・京都市立芸術大学名誉教授・西洋美術史)

「盛期ルネサンスとルネサンス古典主義」 3 78()「ミケランジェロ」

19:1020:40 ギャラリー1F 参加費1,000(学生500) 定員30(要予約)

岡村幸宣(原爆の図丸木美術館 学芸員)

「原爆の図 前史-赤松俊子(丸木俊)と丸木位里の絵画の出会い」

729()18:3020:00 ギャラリー1F 参加費1,000(学生500) 定員30(要予約)

松谷武判 トーク「滞仏56年の思い出」(仮題) ポンピドゥーセンター個展の記録スライド等上映

101()又は2() アンスティチュ・フランセ 稲畑ホール 詳細は決まり次第お知らせいたします。→詳細が決定しました![最新の夜話市民講座のお知らせ]をご覧くださいませ。

対談 池田良則(画家)×徐京植(作家・東京経済大学名誉教授)

「沖縄を語る」(仮題)

1217()18:0020:00 ギャラリー1F 参加費1,000(学生500) 定員30(要予約)

Aコース 

尾崎眞人 京都市美術館 前学芸課長) ※今年は第2金曜日に変更します。ご注意下さいませ。

1 1014() 2 1111() 3 129()

今年のテーマ、各回のタイトルは決定次第Webサイト等にて発表致します。

   いずれも19:1020:40 ギャラリー1F 参加費1,000(学生500) 定員30(要予約)

 

ギャラリーから

■蒸し暑くなってきましたが、皆様お元気でお過ごしでしょうか?

新型コロナの長いトンネルにようやく少し光が見え始めたかと思うと、一方でウクライナでの侵略戦争という 悲劇が起こり、私たちが生きている世界の土台の不安定さを改めて実感する日々がつづきます。

このような時代にこそ、芸術は必要なのだと信じたいと思うのですが、皆様はどうお考えになるでしょうか?

■今年は丸木俊さん生誕110年に当たります。

開廊当初から夫の位里さんと共に毎年展覧会を開いてくださり、何も知らない素人画廊を導いて下さった俊先生。生前の優しくユーモアに溢れた表情や声が今も聞こえてきます。その青春を過ごされた「池袋モンパルナス」は第2次世界大戦に向かう中でのつかのまの自由と芸術の熱気に溢れた時間、空間だったのかもしれません。

同じく池袋モンパルナスに暮らした作家たちの作品を共に展示し、偲ぶ場としたいと思います。

■司修先生の名作絵本『まちんと』原画を展示致します。

広島で死んだ少女を描いた『まちんと』(松谷みよ子・文 偕成社刊)1978年刊行以来、今も広く読まれています。この原画は個展の後、東京のある美術館に収蔵が決定していますので、関西で見ていただく最後の機会になるかもしれません。新作絵画もあわせて御高覧下さいませ。

■フランス在住の松谷武判先生が神野立生先生と二人展を開いて下さいます。

元「具体」のメンバーで‘66年以来パリを拠点に国際的に活躍されている松谷先生。2017年にはヴェネチア・ビエンナーレに招待出品され、2019年にはパリのポンピドゥセンターで個展が企画、展示されました。

85歳になられた今も現代美術の最先端を走りつづける松谷先生の世界は、京都に、私たちに大きな刺激を与えてくれることと思います。(追記)この展覧会がニュイ・ブランシュに参加することとなり、トーク会場を先生にとってもゆかりのある、アンスティチュ・フランセに変更させていただくことになりました。

御来廊の前には、ホームページ等で変更をお確かめ下さいませ。

新型コロナの影響で、展覧会や講座の変更・追加のある場合は、ホームページにてお知らせいたします。

お電話でのお問い合わせもお受けしておりますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。

2022年 6月              (人見ジュン子)

 

 

2022年7月~12月の予定【ギャラリーヒルゲート通信 No.51】

2022年7月から12月の予定

628()710()

7/4()休廊〉

12F

29回 心に響く小品展

池田良則・木代喜司・烏頭尾精・小林敬生・坂爪厚生・田島征彦・司修・中林忠良・野見山暁治・林康夫・平岡靖弘・馬越陽子・松谷武判・村山明 他

152人の現役作家の油彩・水彩・日本画・版画・写真・彫刻・工芸の小品

75()1225()

奥庭

具象彫刻二人展 木代喜司・宇治川久司 (月曜休廊)

712()717()

12F

15回 京都二紀 小品展

生駒泰充・日下部直起・黒田冨紀子 他

719()724()

1F

‘22京都銅版画協会 ミニアチュール 展

2F

京都銅版画協会 特別展示 前川秀治 展

726()731()

12F

シリーズ第5回 池袋モンパルナスの青春

―生誕110年 丸木俊を中心に― 麻生三郎・小熊秀雄・田中佐一郎・寺田政明・野見山暁治・丸木位里・丸木俊・山本恪二・吉井忠

82()87()

1F

西山 彰 展 (二紀会準会員)

2F

江川 恵 展 (日本画)

89()814()

1F

坂本 摩七美 ―古風なメヌエット (油彩・テンペラ 他)

2F

上田 三佳 展 (ミクストメディア)

816()821()

1F

25回 板遊会 展 (木版)

2F

勝山 正則・勝山 春枝 二人展 (木版)

823()828()

12F

夏期休廊

830()94()

1F

11回 伊藤 隆 展 

―町並彩歩―

2F

30回 洛楽展 (洛南高校美術部OB)

96()918()

9/12()休廊〉

12F

司 修 展 ― 絵本『まちんと』原画 と新作絵画(パステル・水彩・銅版・木版・ミクストメディア他)

920()102()

9/26()休廊〉

12F

松谷 武判・神野 立生 二人展

ドローイング・銅版・インスタレーション等の展示

104()109()

12F

八田 哲 展 ―京都想々― (日本画)

1011()1016()

1F

NY 作家6人 展 (ニューヨーク在住の日本人作家6)

2F

9回 上杉 尚 展 (水彩 他)

1018()1023()

12F

青木 敏郎 個展 (油彩・ドローイング)

1025()1030()

12F

新制作協会 関西会員展 (油彩・アクリル・ミクストメディア)

一居孝明・上岡真志・河村雅文・小林一彦・田中直子・中井英夫・蛭田均・馬渕哲 他

111()116()

12F

14回 瓜生山学園 京都芸術大学 通信教育部 洋画研究室展

(教員約25人の作品)

118()1113()

1F

岩井 晴香 展 (創画会准会員) (日本画)

2F

川端 祥夫・ドローイング

1115()1120()

1F

企画展 調整中 (6月中にWebサイト等にて発表致します)

2F

たくま たえこ 油絵展

1122()1127()

12F

一居 孝明 展 (新制作協会会員)

1129()124()

1F

奥田 輝芳 展 (ミクストメディア)

2F

篠原 涼子・山岡 明日香 二人展 (油彩・アクリル・水彩)

126()1211()

12F

廣田 政生 展 (独立美術協会会員) (ミクストメディア)

1213()1218()

12F

池田 良則 展 ―沖縄を描く― (日展会員) (油彩・ドローイング)

1220()1225()

1F

丸山 勉 日本画展 (日展会員)

2F

水野 朝 展 ―これがわたくし・朝― (名古屋画廊企画 巡回展)

1226()1231()

12F

年末休廊

※ 開廊時間 ギャラリーヒルゲート(1F) カフェ・ギャラリーヒルゲート(2F):正午~午後7時(最終日は5時まで)

 



2022年ヒルゲート夜話市民講座  










ヒルゲート倶楽部会員の方は5% off

Bコース  開催時間は各々に異なります

田島征彦(絵本作家・染色家)「『なきむしせいとく』―沖縄戦を経験して」

会場変更しました 618()18:3020:00 ギャラリー1F 参加費1,000(学生500) 定員30(要予約)

※田島征彦先生のトークが早くも定員に達したため、会場を変更することとなりました。

定員110名に増えましたので、皆様のご参加を心待ちにしております。

6月18日18:30~20:00(受付18:00~)

参加費:1,000円(学生500円) 定員:110名(要予約)

会場:ウィングス京都(京都市男女共同参画センター)

2階セミナー室 A・B

〒604-8147 京都市中京区東洞院通六角下る御射山町262番地

075-212-7490(代表)

※お申込は下記の連絡先(ギャラリーヒルゲート)までご連絡ください。


岡村幸宣(原爆の図丸木美術館 学芸員)

「原爆の図 前史-赤松俊子(丸木俊)と丸木位里の絵画の出会い」

729()18:3020:00 ギャラリー1F 参加費1,000(学生500) 定員30(要予約)


松谷武判 トーク

「滞仏56年の思い出」(仮題

併せてポンピドゥーセンター個展の記録フィルム上映

101()17:0019:00 ギャラリー1F 参加費1,000(学生500) 定員30(要予約)


対談 池田良則(画家)×徐京植(作家・東京経済大学名誉教授)

「沖縄を語る」(仮題)

1216()18:0020:00 ギャラリー1F 参加費1,000(学生500) 定員30(要予約)


Aコース 

尾崎眞人 (京都市美術館 前学芸課長) 

※今年は第2金曜日に変更します。ご注意下さいませ。

1 1014() 2 1111() 3 129()

今年のテーマ、各回のタイトルは決定次第Webサイト等にて発表致します。

 

いずれも19:1020:40 ギャラリー1F 参加費1,000(学生500) 定員30(要予約)

 

★ご予約はメール又はお電話にて承っております。

ご来廊の際にスタッフへお申し出くださっても結構です。

皆様のご参加をお待ちしております。

mail : hillgatekyoto@gmail.com

tel : 0752313702


ギャラリーから 

■蒸し暑くなってきましたが、皆様お元気でお過ごしでしょうか?

新型コロナの長いトンネルにようやく少し光が見え始めたかと思うと、一方でウクライナでの侵略戦争という 悲劇が起こり、私たちが生きている世界の土台の不安定さを改めて実感する日々がつづきます。

このような時代にこそ、芸術は必要なのだと信じたいと思うのですが、皆様はどうお考えになるでしょうか?

■今年は丸木俊さん生誕110年に当たります。

開廊当初から夫の位里さんと共に毎年展覧会を開いてくださり、何も知らない素人画廊を導いて下さった俊先生。生前の優しくユーモアに溢れた表情や声が今も聞こえてきます。その青春を過ごされた「池袋モンパルナス」は第2次世界大戦に向かう中でのつかのまの自由と芸術の熱気に溢れた時間、空間だったのかもしれません。

同じく池袋モンパルナスに暮らした作家たちの作品を共に展示し、偲ぶ場としたいと思います。

■司修先生の名作絵本『まちんと』原画を展示致します。

広島で死んだ少女を描いた『まちんと』(松谷みよ子・文 偕成社刊)1978年刊行以来、今も広く読まれています。この原画は個展の後、東京のある美術館に収蔵が決定していますので、関西で見ていただく最後の機会になるかもしれません。新作絵画もあわせて御高覧下さいませ。

■フランス在住の松谷武判先生が神野立生先生と二人展を開いて下さいます。

元「具体」のメンバーで‘66年以来パリを拠点に国際的に活躍されている松谷先生。2017年にはヴェネチア・

ビエンナーレに招待出品され、2019年にはパリのポンピドゥセンターで個展が企画、展示されました。

85歳になられた今も現代美術の最先端を走りつづける松谷先生の世界は、京都に、私たちに大きな刺激を与えてくれることと思います。

御来廊の前には、ホームページ等で変更をお確かめ下さいませ。

新型コロナの影響で、展覧会や講座の変更・追加のある場合は、ホームページにてお知らせいたします。

お電話でのお問い合わせもお受けしておりますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。

2022年 6月              (人見ジュン子)



2022年1月~7月の予定【ギャラリーヒルゲート通信 No.50】


2022年1月から7月の予定

※ 開廊時間 :正午~午後7時(最終日は5時まで)

110(月・祝)123()

1/17()休廊〉

12F

30回 折々の作家たち 展

赤松玉女・麻田浩・安野光雅・井上隆雄・烏頭尾精・木下晋・黒崎彰・小林敬生・田島征三・田島征彦・司修・中林忠良・野見山暁治・林康夫・平岡靖弘・藤平伸・馬越陽子・丸木位里・丸木スマ・丸木俊・三浦景生・水上勉・村山明・渡辺恂三 他、物故者を含む125人の作家の平面・立体

110(月・祝)619()

奥庭

信ケ原 良和 彫刻展〈月曜休廊〉

125()130()

1F

木下 晋 展 (鉛筆)

2F

安野 光雅 先生 追悼展 -託された絵の名残-

21()26()

1F

木下 晋 展 (鉛筆)

2F

溝口 佐知子 展 sachiko mizoguchi carnival

28()213()

1F

末包 恭子 展 ―日々の中から―

2F

藤田 つぐみ 個展 SPACE MEDITATION-02

215()220()

12F

澁谷 和子 卒寿記念展 (染色)

222()227()

12F

2回 京都の染色-世代をつなぐ女性作家たち-

有田やえ・大村優里・兼先恵子・澁谷和子・高須英代・丸山敦子・三浦以左子・向井詩織・八幡はるみ・山下茜里(五十音順)

 31()36()

12F

甲斐 彰 展 * 舟で往く

38()313()

1F

竹内 淳子 展 ある日チベットで (日本画)

2F

日高 理恵 銅版画展

315()327()

3/21()休廊〉

12F

第4回 現代の日本画 ―世代をつなぐ―

烏頭尾精・八田哲・西久松吉雄・山本俊夫・丸山勉・吉岡佐知・直海香・野上徹・岩井晴香・三橋卓・西久松綾

329()43()

1F

小林 真理 作品展

2F

Lithographic Vol.5 出原 司 他

45()410()

1F

近藤 慧子 展 (二紀会 会員)

2F

衣川 雅之 はなのえ展

412()417()

1F

桜井 絵月 展 (アクリル・インスタレーション)

2F

三田村 和男 展(ミクストメディア)

419()51()

1F

小嶋 晶 展 (映像・写真・インスタレーション)

4/25()休廊>

2F

日下部 悠帆 展 (写真)

53()58()

12F

平岡 靖弘 展(独立美術協会 会員)

510()515()

1F

野上 徹 展(日本画)

2F

椹木 佐和 絵本原画展 (日本画)

517()522()

12F

黒田 冨紀子 卒寿記念展 (二紀会 委員) (油彩・銅版画)

524()529()

12F

颯々展 -日本画- 渡邉章雄・谷井俊英・小西達子・岸本裕子他

531()65()

1F

大槻 睦子 展(日本画)

2F

山根 康代 小品展 (新制作協会 会員)(版画・ドローイング)

67()612()

1F

海野 厚敬 展 (新制作協会 会員) (ミクストメディア)

2F

角 りわ子 展 ()

614()626()

6/20()休廊〉

12F

田島 征彦 展 新作絵本『なきむし せいとく』原画と型染の新作

628()710()

7/4()休廊〉

12F

29回 心に響く小品展

烏頭尾精・木代喜司・木下晋・坂爪厚生・田島征彦・田島征三・司修・中林忠良・中原史雄・野見山暁治・平岡靖弘・馬越陽子・松谷武判・村山明 他100余人の現役作家の油彩・水彩・日本画・版画・写真・彫刻・工芸の小品

712()717()

12F

15回 京都二紀 小品展

719()724()

12F

京都銅版画協会ミニアチュール展及び特別展示

 

 

 ギャラリーから

明けましておめでとうございます

■また再びコロナ禍の中で迎えるお正月ですが、皆様お変わりなくお過ごしでしょうか?

今年こそこの困難から抜け出して心おきなく暮らせることを祈るばかりです。

■安野光雅先生への感謝をこめて、ささやかな追悼展を開きます。

95年以来6度の個展と渡辺恂三先生との二人展を開いて下さり、夏冬の小品展にも毎年御出品下さった安野先生。寂しさはつのるばかりですが、画廊に残された10数点の作品と版画等を展示して偲ぶ場としたいと思います。

■二人の女性作家が卒寿記念展を開催されます。

染色の澁谷和子先生と油彩の黒田冨紀子先生は、ともに戦後間もない頃、女性が大学で学ぶことも困難な時代に京都美大(現・京都市立芸術大学)に入学され、各々の道を切り開いてこられました。戦時下の少女時代、戦後の混乱期、様々なご苦労を乗り越えてこられた先達の強さ、制作への衰えぬ情熱には心からの敬意を覚えます。

■田島征彦先生、新作絵本のテーマは「沖縄戦」です。

初めて沖縄を舞台に描かれた『とんとんみーときじむなー』の長期取材依頼、40年近く沖縄を主要テーマの一つとして取り組んでこられた田島先生。「鉄の暴風」とも言われる戦場の中で人々はどう生きたのでしょう。

絵本は5月頃には出版の予定です。どうぞ御高覧下さいませ。

 


2022年ヒルゲート夜話市民講座  


ヒルゲート倶楽部会員の方は5% off
Bコース  開催時間は各々に異なります

<対談>木下晋(画家)×島敦彦(国立国際美術館館長)

「木下晋-妻と向き合って」 

129()18:3020:00 ギャラリー1F 

参加費1,000(学生500) 定員30(要予約)


第2回 京都の染色-世代をつなぐ女性作家たち-

〈出品作家によるトーク〉

「私にとっての染色という表現」

有田やえ・澁谷和子・高須英代・丸山敦子・三浦以左子・八幡はるみ・山下茜里(50音順)

司会:深萱真穂(ジャーナリスト)

226()18:3020:00 ギャラリー1F 

参加費1,000(学生500) 定員30(要予約)


潮江宏三 (京都市美術館前館長・京都市立芸術大学名誉教授・西洋美術史)

「盛期ルネサンスとルネサンス古典主義」

1 513()「レオナルド・ダ・ヴィンチ」

2 610()「ラファエロ」

3 78()「ミケランジェロ」

いずれも19:1020:40 ギャラリー1F 

参加費1,000(学生500) 定員30(要予約)


第4回 現代の日本画 ―世代をつなぐ―

〈出品作家によるトーク〉

烏頭尾精・西久松吉雄・山本俊夫・丸山勉・吉岡佐知・直海香・野上徹・

岩井晴香・三橋卓・西久松綾

コーディネーター:太田垣實(美術評論家)(予定)

319()18:3020:00 ギャラリー1F 

参加費1,000(学生500) 定員30(要予約)


田島征彦(絵本作家・染色家)

「『なきむしせいとく』―沖縄戦を経験して」

618()18:3020:00 ギャラリー1F 

参加費1,000(学生500) 定員30(要予約)


■御来廊の前には、ホームページ等で変更をお確かめ下さいませ。

新型コロナの影響で、展覧会の変更がある場合や新たな講座が追加される場合は、ホームページにてお知らせいたします。お電話でのお問い合わせもお受けしておりますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。

2022年 1月              (人見ジュン子)

 


2021年6月~12月の予定【ギャラリーヒルゲート通信 No.49】

2021年6月後半から12月の予定

※ 開廊時間 :正午~午後7時(最終日は5時まで)

622()74()

6/28()休廊〉

12F

28回 心に響く小品展

青木敏郎・赤松玉女・伊庭新太郎・烏頭尾精・小林敬生・坂爪厚生・田島征彦・司修・中林忠良・野見山暁治・林康夫・平岡靖弘・馬越陽子・松谷武判・村山明 他、152人の現役作家の油彩・水彩・日本画・版画・写真・彫刻・工芸の小品

76()711()

12F

14回 京都二紀 小品展

 生駒泰充・大西生余子・黒田冨紀子・日下部直起 他

713()718()

1F

2021年 京都銅版画協会ミニアチュール展

2F

京都銅版画協会 特別展示 オダアサコ・加藤富美子 作品展

720()725()

1F

24回 板遊会展 (木版画)

2F

勝山正則・春枝 二人展 -木版画とフロッタージュ-

727()88()

8/2()休廊〉

12F

田島 征三 展 「イノチのけはい」

810()815()

12F

橋本 哲史 「それじゃ、やってみようか」という気になった展

810()1219()

奥庭

山田 実 展 (彫刻)

817()822()

1F

片山 龍一 油彩画展

2F

久保田 敬英 展 (油彩)

824()829()

1F

よでん 圭子 EXHIBITION 「花と少女について」 (油彩)

2F

耀う庭で   MIU KUSAMA・たにがみ りみさ

831()95()

12F

4回 大森啓・長谷川宏美 二人展 (国画会会員)

97()919()

9/13()休廊>

12F

司 修 展   ダンテの『神曲』等にイメージを得た新作を制作中

(油彩、水彩、版画、ミクストメディア)

921()926()

1F

坂井 眞理子 展 「世界の歴史を揺るがした女性たち」 (油彩)

2F

29回 洛楽展 (洛南高等学校美術部OB展)

928()103()

1F

西久松 友花 展 ()

2F

大西 正彦 展(A室)・藪田 正弘 展(B室) (写真)

105()1010()

12F

栗本 夏樹 展 ()

1012()1017()

1F

谷 なつ子 展 (ミクストメディア)

2F

8回 上杉 尚 展 (水彩他)

1019()1024()

1F

日下部 雅生 展 ()

2F

New York 4人展 (N.Y.在住の日本人作家 油・水彩 他)

1026()1031()

12F

新制作協会 関西会員展 (油彩・アクリル・ミクストメディア)

一居孝明・上岡真志・河村雅文・小林一彦・田中直子・中井英夫・蛭田均・馬淵哲 他

112()117()

12F

11回 日下部 直起 展 (二紀会委員)

119()1114()     【訂正】

12F

レトロなアバンギャルド -版画家たちの`70`80年代 (企画:潮江宏三)

安東菜々・井田照一・出原司・木村秀樹・田中孝・中馬泰文・中路規夫・橋本文良

1116()1121()

12F

13回 瓜生山学園 京都芸術大学 通信教育部 洋画研究室展

1123()1128()

1F

三橋 卓 展 (日本画)

2F

たくま たえこ 油絵展

1130()125()

1F

長谷 治郎 展 (独立美術協会準会員)

2F

岸中延年 ENNEN FACTORY 版画展

127()1212()

12F

12回 北村 美佳 展 (二科会会員)

1214()1219()

1F

蛭田 均 展 (新制作協会会員)

2F

蛭田 美保子 展 (新制作協会会員)

1221()1226()

1F

山本 桂右 展 (油彩、リトグラフ)

2F

石山 勝義 展 (平面、立体) 奥庭展示も

1227()

 

年末年始休廊


 ギャラリーから

■皆様お元気でお過ごしでしょうか。

「コロナに負けず、生き延びましょうね!」が合言葉のようになったこの1年半ですが、「ワクチンを打った」という方もちらほらいらして、少し状況は好転するのでしょうか? 早く、心おきなく制作し、発表し、それを見て楽しめる日が来ることを祈るばかりです。

■「心に響く小品展」 今年は過去最多の152人が出展してくださいます。

昨年まで長く御出展下さっていた安野光雅・宮村長・山崎脩の三人の先生方がお亡くなりになり、寂しさはつのるばかりですが、今年は初出展の若い作家も含めて、152人の方が御参加下さることになりました。鬼籍に入られた先生方の遺作は、来春の「折々の作家たち展」で御高覧頂ける予定です。

■三年ぶりの田島征三展。すごい新作がならびます!

予定されていた「越後妻有大地の芸術祭」が延期になり、あわただしく過ごされる中、当展のために新作を制作してくださいました。トークも含めて、乞、御期待です。

■潮江先生が、現代につながる「アバンギャルド」を企画してくださいました。

7080年代の版画史に大きな足跡を残し、現在も御活躍の先生方の作品は、「永遠のアバンギャルド」としてその先をも展望させる光を放つものではないでしょうか。どうぞ御高覧下さいませ。

■亡き針生一郎先生の御縁で、椹木野衣先生が御講演くださいます。

今春、京都市京セラ美術館の「東山キューブ」で開催された「平成美術:うたかたと瓦礫(デブリ)19892019」を企画・監修された椹木野衣先生。気鋭の現代美術批評家として知られる先生と当画廊は少しイメージが合わないかもしれませんが、戦後の美術評論を牽引した針生一郎先生(19252010)の存在が接点となりました。丸木美術館館長でもあった針生先生は、当画廊の丸木展等の機会に二度講演してくださり、生前よくお立ち寄りになって、テーブルで原稿を書かれたりした折に椹木先生のことも教えてくださいました。

現在とそれに連なる歴史のパースペクティブを視野に入れたお話は、私達の「現代美術」への理解を深めてくれる意義深いものとなると存じます。




2021年ヒルゲート夜話市民講座

  Aコース  


講師 尾﨑眞人 (京都市美術館 前学芸課長)

2021年度のテーマは「上村松園」。

日程は下記の通りです。一回だけの御参加でもわかりやすく楽しめるお話です。

1 917() 

2 1015() 

3 1119() 各回のタイトルは未定

 いずれも19:1020:40 ギャラリー1F 参加費1,000(学生500) 

定員20(要予約) 茶菓付


Bコース  開催時間は各々に異なります


潮江宏三(京都市美術館前館長・京都市立芸術大学名誉教授・西洋美術史)

 ※日程を再度変更いたしました。

1 625()「マザッチョと15世紀前半のイタリア絵画」

2 723()「15世紀ネーデルランド絵画」

3 827()「15世紀後半のイタリア絵画」

いずれも19:1020:40 ギャラリー1F 

参加費1,000(学生500) 定員20(要予約)


田島征三(画家・絵本作家)

「イノチえがく具象画・タマシイえぐる抽象画」

731()18:3020:00 ギャラリー1F 

参加費1,000(学生500) 定員20(要予約)


司修(画家・作家)

「タイトル未定」

911()18:3020:00 ギャラリー1F 

参加費1,000(学生500) 定員20(要予約)


椹木野衣(美術評論家)

「私説・美術と批評のことなど」

1029()19:1020:40 ギャラリー1F 

参加費1,000(学生500) 定員20(要予約)


御来廊の前には、ホームページ等で変更をお確かめ下さいませ。

新型コロナの影響で、展覧会の変更がある場合や新たな講座が追加される場合は、ホームページにてお知らせいたします。お電話でのお問い合わせもお受けしておりますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。

2021年 6月              (人見ジュン子)

2021年1月~6月の予定【ギャラリーヒルゲート通信 No.48】

2021年1月から6月の予定

※ 開廊時間  正午~午後7時(最終日は5時まで)

111()124()

1/18()休廊〉

12F

29回 折々の作家たち 展

赤松玉女・麻田浩・安野光雅・井上隆雄・烏頭尾精・木下晋・黒崎彰・小林敬生・田島征三・田島征彦・司修・中林忠良・野見山暁治・林康夫・平岡靖弘・藤平伸・馬越陽子・丸木位里・丸木スマ・丸木俊・三浦景生・水上勉・村山明・渡辺恂三 他、物故者を含む117人余の作家の平面・立体

111()131()

奥庭

小倉 輝正 陶と木のオブジェ 展〈月曜休廊〉

126()131()

1F

丸木 位里  生誕120年 展-位里の中小品と俊・スマの小品-

2F

坂爪 厚生≪メゾチント≫+小倉 輝正≪陶と木のオブジェ≫二人展

22()27()

12F

KYOTO版画2021閉会展 Part2

29()214()

12F

体感の実体-日本画三人展  岩井 晴香・西久松 綾・三橋 卓

29()7月末

奥庭

若林 亮 彫刻展(インスタレーション)〈月曜休廊〉

216()221()

1F

大野 忠司 日本画展 -Apa kabar

2F

武田 厚子 展 -あじさいワールド-(日本画)

223()228()

1F

石田 歩 展 -トロッコ島の断片-(インスタレーション)

2F

石田 眞弓 展 -MY COLLECTION-(油彩・アクリル)

 32()37()

12F

いま、戦争の兆しに心いたむ美術家たちの作品展 2021

39()314()

1F

木村 隆 陶展 -天目-

2F

甲斐 扶佐義 写真展 -追憶の詩人たち-

316()328()

3/22()休廊〉

12F

田島 征彦 展

新作絵本『せきれい丸』原画と「鉄の暴風シリーズ」(型染)

330()44()

1F

山本 俊夫 日本画展

2F

鳥海 太郎 版画展

46()418()

4/12()休廊〉

12F

野見山 暁治 展 -描きつづけて100年-(油彩・水彩・銅版画)

420()425()

12F

伊庭 新太郎 展 (二科会 常務理事) (油彩・水彩)

427()52()

12F

水村 喜一郎 展(油彩・デッサン・竹紙絵)

54()59()

1F

馬淵 哲 展(新制作協会会員)(ミクストメディア)

2F

田上 稚子 展 -EPHEMERAL-(紙・アクリル・ペン、立体)

511()516()

12F

黒田 冨紀子(二紀会 委員)(油彩・銅版画)

・辻村 千加(パッチワーク) 二人展

518()523()

1F

コスゲ カズコ 展「スーパームーンの夜に」(二紀会準会員)(アクリル)

2F

上西 玄象 展 (絵と書)

525()530()

12F

宮腰 敏一 展(独立美術協会 会員)(油彩)

61()66()

1F

野上 徹 個展 (創画会 会友)(日本画)

2F

-風のしらべ-吉田 恵利子 絵画個展

68()613()

12F

宮村 長 追悼作品展  遺作と友人・教え子の作品

青木敏郎・伊庭新太郎・大杉真司・川村悦子・北村美佳・黒川彰夫・

小林一彦・篠原涼子・中原史雄・濱田進・平岡靖弘・冨士谷隆・森田康雄・

山岡明日香・山河全

615()620()

12F

seasons (京都市立芸大で'80年代に学んだ作家たち)

日本画・洋画・工芸等

622()74()

6/28()休廊〉

12F

28回 心に響く小品展

安野光雅・田島征彦・司修・野見山暁治・平岡靖弘・村山明 他100余人の現役作家の油彩・水彩・日本画・版画・写真・彫刻・工芸の小品


 ギャラリーから

昨年来のコロナ禍はまだ終息の気配もなく、私たちの生命、生活、そして芸術活動にも影を落としています。

けれど、その困難の中にあっても、意欲的な制作を持続する作家たち、そして作品を観たいと思って下さる方々の存在に励まされた1年でもありました。超アナログな私ども画廊も初めて展覧会の様子をYouTubeに配信する挑戦をいたしました。けれど、作品と人のリアルな出会いの現場として、画廊の活動は大切なものだと思います。

感染拡大防止には注意してまいりますので、御支援・御協力の程、どうぞよろしくお願い申し上げます。

今年は丸木位里さん生誕120年の年です

89年以来亡くなる前々年まで、妻の俊さんと共に当画廊の二人展に足を運んで下さった位里先生。お二人の思い出は尽きることなく、お亡くなりになっても遠くへ行かれた気がしません。

近年益々再評価の動きが盛んなその画業を、改めて知っていただきたく、トークも共に企画いたしました。

宮村長先生がお亡くなりになりました

93年の「ミラノで会った4人展」以来、20数回にわたって個展を開いてくださった宮村長先生が昨年6月にお亡くなりになりました。闘病中ではあっても、その8日前には教え子の展覧会に来てくださっていたのですが……。他者にも自身にも正直で、多くの人に愛された宮長先生への惜別の思いをこめて、教え子、友人たち15人の画家による追悼展が行われます。

野見山暁治先生、100歳になられました!

3月まで髙島屋での大規模な100歳記念展が巡回展示される野見山先生。その後当画廊でも5度目の個展を開いて下さいます。水彩、銅版を中心とした小品を展示致しますので、どうぞ御高覧下さいませ。



2021年ヒルゲート夜話市民講座 


Aコース  

講師 尾﨑眞人 (京都市美術館 前学芸課長)

2020年度「竹内栖鳳」 残りの講座は下記の通りです。一回だけの御参加でもわかりやすく楽しめるお話しです。

第4講 1月15日(金)「風景画」 

第5講 2月19日(金)「動・植物画」 

第6講 3月19日(金)「竹杖会」 ※こちらは中止となりました


いずれも19:10~20:40 ギャラリー1F 

参加費1,000円(学生500円) 定員20名(要予約) 茶菓付


Bコース  開催時間は各々に異なります

岡村幸宣(原爆の図丸木美術館 学芸員)「丸木位里の宇宙・再考」

1月30日(土)18:30~20:00 ギャラリー1F 参加費1,000円(学生500円) 定員20名(要予約)


田島征彦(染色・絵本作家)「せきれい丸のことなど」トーク&スライド上映

3月20日(土)18:30~20:00 ギャラリー1F 参加費1,000円(学生500円) 定員20名(要予約)


水村 喜一郎(作家)「水上勉先生と岡部伊都子先生に誘われて(仮題)」

5月1日(土)18:30~20:00 ギャラリー1F 参加費1,000円(学生500円) 定員20名(要予約)


↓↓↓緊急事態宣言が発令されたため、下記日程に延期いたします↓↓↓

☆ 潮江宏三 (京都市美術館前館長・京都市立芸術大学名誉教授・西洋美術史)

第1講 5月7日(金)「マザッチョと15世紀前半のイタリア絵画」 →6月4日(金) に延期

第2講 6月4日(金)「15世紀ネーデルランド絵画」 →7月2日(金) に延期

第3講 7月2日(金)「15世紀後半のイタリア絵画」 →8月6日(金) に延期

いずれも19:10~20:40 ギャラリー1F 参加費1,000円(学生500円) 定員20名(要予約)


★ご予約はメール又はお電話にて承っております。

ご来廊の際にスタッフへお申し出くださっても結構です。

皆様のご参加をお待ちしております。

mail : hillgatekyoto@gmail.com

tel : 0752313702


■御来廊の前には、ホームページ等で変更をお確かめ下さいませ。

新型コロナの影響で、展覧会の追加や変更がある場合はホームページにてお知らせいたします。

お電話でのお問い合わせもお受けしておりますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。

皆様くれぐれもご自愛くださいませ。

2021年 1月              (人見ジュン子)


 

«  | ホーム |  »

プロフィール

ヒルゲート

Author:ヒルゲート
✿ギャラリーヒルゲートホームページへようこそ✿

最新の展覧会情報をご覧になりたい方は、カテゴリ【最新の展覧会のお知らせ】を選択してください。

 

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

検索フォーム

 

 

リンク