fc2ブログ

2024-04

Latest Entries

✿ヒルゲート夜話市民講座についてのお知らせ✿ ギャラリーヒルゲート通信 No.54号外1

✿ヒルゲート夜話市民講座についてのお知らせ✿
全て参加費1,000円(学生500円) (ヒルゲート倶楽部会員は5%off)

北川 フラム 
 (越後妻有大地の芸術祭・瀬戸内国際芸術祭 総合ディレクター)
 連続講座 現代美術ってなに? 
 第5講 「日本で芸術祭が盛んなわけ」
  216日(金) 19:10~20:40 
  定員35名(要予約) ギャラリー1F

4年ぶりに北川フラムさんが講演してくださいます。
11回目の御登壇です。
今年は「越後妻有大地の芸術祭」開催年です。三十数年前の「アパルトヘイト否(ノン)!」以来、日本の現代美術界をリードしてこられたフラムさん。越後妻有大地の芸術祭や瀬戸内国際芸術祭等大規模な芸術祭は、芸術と風土、そこに暮らす人々を時空を超えてつなげる新たな試みでした。3年余のパンデミックを経て、フラムさんが今考えておられることとは?

田島 征彦 (染色・絵本作家)
  「絵本『つしま丸』制作、取材を始める」  
  223日(金・祝) 18:00~19:30 
  定員35名(要予約) ギャラリー1F

「そうべえ」シリーズの第7作目を描き上げたばかりの征彦先生。
早くも次回作へとその目は向かっています。
2/20(火)~3/3(日)  1・2階で個展開催中

甲斐 扶佐義 (写真家)
   「路上の思考」
  419日(金) 18:30~20:00 
  定員20名(要予約) ギャラリー2F

バー八文字屋のマスターでありつづけながら、写真家としても世界に羽ばたいている甲斐さん。パリでの個展の大成功を経て、新作の発表とともに語ってくださいます。
4/16(火)~4/28(日)  2階で個展開催中

中林 忠良・野田 哲也・星野 美智子・柳澤 紀子 (版画家)
  「それぞれの仕事」 
  54日(土) 18:00~20:00 
  定員35名(要予約) ギャラリー1F

東京芸大で版画教室が始まったばかりの頃、共に学んだ4人がその後日本の版画会を牽引してこられました。80才を超えても変わることのない制作への情熱の源泉とは?また各々が経てこられた年月とはどのようなものだったのでしょう。戦後日本の版画史を彩る貴重なお話に乞、御期待!です。
4/30(火)~5/12(日)  1・2階で4人展開催中

山口 千里 (画家・野見山暁治先生秘書)
  「野見山暁治先生の思い出(仮)」
  18日(火) 18:00~19:30 
      定員35名(要予約) ギャラリー1F
   
偶然の出会いから秘書として野見山先生を支えつづけてこられた山口千里さん。同じ画家として、そして養女として、没後の先生の遺作の寄贈等、人知れず、多くの仕事を成し遂げられました。貴重な思い出を聞かせていただけることと思います。
6/18(火)~6/23(日)  1・2階で野見山暁治先生追悼展開催中

※ご予約はメール又はお電話にて承っております。

ご来廊の際にスタッフへお申し出くださっても結構です。

皆様のご参加をお待ちしております。

mail hillgatekyoto@gmail.com

tel 0752313702

🌸 2024年ヒルゲート夜話市民講座の予定🌸 1月~7月

2024年ヒルゲート夜話市民講座

参加費1,000(学生500)(ヒルゲート倶楽部会員の方は5off)


 北川 フラム (越後妻有大地の芸術祭・瀬戸内国際芸術祭 総合ディレクター)

216()19:1020:40  トークタイトル未定 

今年は「越後妻有大地の芸術祭」開催年です。三十数年前の「アパルトヘイト否(ノン)!」以来、日本の現代美術界をリードしてきたフラムさんが今考えておられることとは?


 田島 征彦 (染色・絵本作家)

223(金・祝)18:0019:30 1F       

絵本『つしま丸』制作、取材を始める」


 甲斐 扶佐義 (写真家)

419()18:3020:00 2F  

「路上の思考」

パリでの個展の大成功を経て、新作の発表とともに語ってくださいます。


 中林 忠良・野田 哲也・星野 美智子・柳澤 紀子 (版画家)

54()18:0020:00 1F   

「それぞれの仕事

日本の銅版画界を牽引してきた4人の同級生。それぞれの経てこられた年月とは。


★ご予約はメール又はお電話にて承っております。

ご来廊の際にスタッフへお申し出くださっても結構です。

皆様のご参加をお待ちしております。

mail : hillgatekyoto@gmail.com

tel : 0752313702

⚠7月21日(金)夜話市民講座 延期のお知らせ⚠

⚠7月21日(金) 夜話市民講座 延期のお知らせ⚠

原田平作先生が体調不良のため代講をお願いしていた中塚宏行先生が急病にかかられたため、7月21日(金)の夜話市民講座は延期とさせて頂きます。
当初予定の原田先生のご回復を待って改めて実施させて頂きたいと思います。
急なご連絡になり大変申し訳ありませんが、ご了承くださいませ。どうぞよろしくお願い申し上げます。
ギャラリーヒルゲート

【変更】夜話市民講座の講師変更のお知らせ

講師変更のお知らせ
7月21日(金)に原田平作先生の講座 を予定していましたが、原田先生のご都合により、中塚宏行先生に代講して頂くこととなりました。お話しのテーマは変更ありません。

★中塚宏行(美術評論家、元大阪府立現代美術センター主任研究員、「美術と風土」実行委員会副委員長)
7月21日(金) 19:10~20:40 定員30名(要予約)
「関西の視覚文化よもやま話-美術と風土「伊那谷展」についても-」 

「伊那谷」というひとつの土地をテーマに、作家たちが実際にそこを訪れて感じたことを軸に制作する。「アーティストが触れた伊那谷展-美術と風土」はそのような構想のもと企画された展覧会です。「美術と風土」というテーマは、普遍的に重要な意味を持つものであり、原田先生は、京都の美術を中心にお話し下さる予定でしたが、大阪でのキュレーター活動が長い中塚先生は広く関西の美術と風土についてもお話し下さることになります。どうぞ、ご参加下さいませ。

中塚宏行 略歴
1954年大阪生、1977年大阪大学文学部美学科(美術史)卒。現代美術の理論をまとめた「オブジェと記号」が卒論。北海道立美術館の学芸課長を経て、1992年、大阪府現代芸術文化センター計画で大阪府庁に移籍、計画の廃止後は、大阪府文化課・大阪府立現代美術センター主任研究員、現在は美術評論家、大阪府立江之子島文化芸術創造センターキュレーター 
著書 「美術/漂流 学芸員Nの軌跡」1~3巻、 編著「上前日記-上前智祐と具体」


Bコース ギャラリー1F  参加費1,000円(学生500円)
★田島征三(アーティスト・絵本作家)
7月25日(火) 「人生の坂道」 18:00~20:00 定員40名(要予約)
7/25(火)~30(日)  1階・2階で個展開催中   
  
★西久松友花(陶)・藤田つぐみ(絵画)
9月30日(土) 18:00~20:00 定員30名(要予約)
ニュイ・ブランシュ(白夜祭)トーク&パーティー「見えるもの・見えないもの」
9/26(火)~10/1(日)  1階・2階で二人展開催中

★潮江宏三(京都市美術館前館長・京都市立芸術大学名誉教授・西洋美術史)
「マニエリスム絵画」 19:10~20:40 定員30名(要予約)
第1講 10月20日(金) …「奇想」を求めて
第2講 11月17日(金) …国際的マニエリスム
第3講 12月15日(金) …ブリューゲルとエル・グレコ

視覚的自明性を当然の目標として絵画世界を形成してきたルネサンス絵画がその頂点に達しようとしていた頃、次の世代に、その豊かな果実を糧にしてその方向性と意義を転換させる動きが起こった。それがマニエリスムである。

※講座の予定・定員等については、新型コロナウイルスの感染状況により、変更が生じることがあります。
ギャラリーのwebサイト等でご確認くださいませ。お電話での問い合せも承っております。

🌸 2023年ヒルゲート夜話市民講座の予定🌸 7月~12月

2023年ヒルゲート夜話市民講座  
ヒルゲート倶楽部会員の方は5% off  定員30名(各要予約)

連続講座「現代美術って何?」
19:10~20:40 ギャラリー1F 参加費1,000円(学生500円) 

第4講  建畠晢(詩人・美術評論家・埼玉県立美術館館長・京都芸術センター館長)
  7月1日(土)  〔美術館の新たな潮流〕

詩人という表現者であり、同時に国立国際美術館館長・京都市立芸大学長等も歴任してこられた建畠先生の目に映る現代の美術状況とは如何なるものでしょうか? 広い視野と根源的な考察に乞うご期待!です。


Bコース ギャラリー1F 参加費1,000円(学生500円) 

原田平作(大阪大学名誉教授・きょうと視覚文化振興財団理事長・元京都市美術館学芸課長)
7月21日(金) 19:10~20:40 
〔関西の視覚文化よもやま話 ―美術と風土「伊那谷展」についても―〕

田島征三(アーティスト・絵本作家) ※7/25~7/30個展開催中
7月25日(火) 18:00~20:00 
〔人生の坂道〕

西久松友花(陶)・藤田つぐみ(絵画)
9月30日(土)  18:00~20:00 ※9/25~10/1二人展開催中
〔ニュイ・ブランシュ(白夜祭)トーク&パーティー「見えるもの・見えないもの」〕

潮江宏三(京都市美術館前館長・京都市立芸術大学名誉教授・西洋美術史)
〔マニエリスム絵画〕 19:10~20:40
第1講 10月20日(金) 〔「奇想」を求めて〕
第2講 11月17日(金) 〔国際的マニエリスム〕
第3講 12月15日(金) 〔ブリューゲルとエル・グレコ〕
視覚的自明性を当然の目標として絵画世界を形成してきたルネサンス絵画がその頂点に達しようとしていた頃、次の世代に、その豊かな果実を糧にしてその方向性と意義を転換させる動きが起こった。それがマニエリスムである。

ご予約はメール又はお電話にて承っております。
ご来廊の際にスタッフへお申し出くださっても結構です。
皆様のご参加をお待ちしております。
mail : hillgatekyoto@gmail.com
tel : 0752313702

«  | ホーム |  »

プロフィール

ヒルゲート

Author:ヒルゲート
✿ギャラリーヒルゲートホームページへようこそ✿

最新の展覧会情報をご覧になりたい方は、カテゴリ【最新の展覧会のお知らせ】を選択してください。

 

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

検索フォーム

 

 

リンク