fc2ブログ

2024-02

Latest Entries

京都画廊連合会特別企画「文化庁・京都市立芸大 移転記念シンポジウム―芸術を育む街、京都に―」のお知らせ

京都画廊連合会特別企画
「文化庁・京都市立芸大 移転記念シンポジウム
―芸術を育む街、京都に―」開催のお知らせ
2023年画廊連合会特別企画 文化庁・京都市立芸大 移転記念シンポジウム チラシ 表2023年画廊連合会特別企画 文化庁・京都市立芸大 移転記念シンポジウム チラシ 裏
弊ギャラリーも参加する、京都画廊連合会の特別企画
「文化庁・京都市立芸大 移転記念シンポジウム―芸術を育む街、京都に―」
12月9日(土)キャンパスプラザ京都にて開催いたします。

文化庁審議官 今泉柔剛様と京都市立芸術大学学長 赤松玉女先生のご講演の後、川嶋渉先生、森口邦彦先生、山本麻友美先生、辻喜代治先生という豪華メンバーをお招きしてのパネルディスカッションがございます。
シンポジウム後は希望者で、新しくなった芸大キャンパスを職員の方の案内で見学します。
いずれも無料、先着順です。
今年は文化庁・京芸の移転という節目の年です。みんなで京都の文化・芸術を考え、新キャンパスを見学してみませんか?
皆様のご参加をお待ちしております。

----------------------------
京都画廊連合会 特別企画
文化庁・京都市立芸大 移転記念シンポジウム
―芸術を育む街、京都に―
2023年12月9日(土)12:00~14:00 (開場 11:30)
キャンパスプラザ京都 4階 第3講義室
(定員170名、当日先着順、入場無料)

○講演 12:00~12:40
 今泉 柔剛(文化庁審議官)
 「文化庁の京都移転と今後の文化政策について」
 赤松 玉女(京都市立芸術大学 学長/画家)
 「京都市立芸術大学 143年目の新キャンパス」

○パネルディスカッション ―芸術を育む街、京都に―
12:50~14:00
 赤松 玉女(京都市立芸術大学 学長/画家)
 今泉 柔剛(文化庁審議官)
 川嶋 渉(日本画家/日展会員/京都市立芸術大学美術学部教授)
 森口 邦彦(染色家/人間国宝/文化功労者)
 山本 麻友美(京都芸術センター副館長/京都市文化政策コーディネーター)
 司会:辻 喜代治(フリ-ランスキュレーター/成安造形大学名誉教授)

○京都市立芸術大学 新キャンパス見学会
14:20~15:00
新しくなった芸大の新キャンパスを職員の方の案内で見学します。
キャンパスプラザから芸大までは徒歩15分。
(シンポジウム参加者の内、御希望の方。定員30名 先着順。)
詳細はチラシをご覧くださいませ。

3年半に及ぶパンデミックもようやく収束しつつある今年、春には京都に文化庁が本格移転し、秋には京都市立芸術大学が市街地に戻ってくるという節目を迎えることとなりました。
美術館・博物館・芸術系大学が多く存在する京都の中にあって、1880年創立の日本最古の芸術大学である京都芸大は、多くの作家を輩出し、京都の文化芸術を豊かにする役割を担ってこられました。京都画廊連合会とのかかわりも深く、作家と画廊が互いに協力し、育てあってきた歴史があります。新しいキャンパスは、開かれた「テラス」を目指すとのこと。
また、中央省庁としては初の本格移転を敢行された文化庁は、行政として全国を対象とするのは当然のことですが、京都を拠点にすることで、今までと違った活動を展開される意図があることと存じます。
日頃画廊という「美術の現場」で市民や作家と接してきた私ども画廊連合会が媒介することで、二つの移転の意味が京都府・市民により身近なものとして生かされることを願って企画しました。
初冬の午後、京都の文化・芸術を考え、新キャンパスを見学してみませんか?
京都画廊連合会

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

ヒルゲート

Author:ヒルゲート
✿ギャラリーヒルゲートホームページへようこそ✿

最新の展覧会情報をご覧になりたい方は、カテゴリ【最新の展覧会のお知らせ】を選択してください。

 

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

検索フォーム

 

 

リンク